HOME>オススメ情報>マイホームの完成に必要な諸費用や注目に値する理由を見てみよう

建築費以外の費用目安

相談

自分の好きなプランで家を建てる場合は費用も気になりますが、注文住宅では建築費以外にも色々な場面でお金が必要となります。もしも滋賀県で家を建てる際に土地の購入から始める場合ですと、購入費用のほかに地盤調査代が掛かり、概ね5万円から10万円台が相場です。また、注文住宅の建築を施工会社に依頼する時は、請負契約の印紙税として1万円から3万円ぐらい必要になります。そして、建築確認の申請費用には10万円から20万円程度掛かるので、その代金も用意しておきましょう。このほか、着工する際の地鎮際には1万円から5万円ほど、工事が始まってからの棟上げ式では10万円前後要する場合が多くなっています。

自分の家族にピッタリの住まいを建てられる

住宅模型

外構から内装まで、全て住む人に合わせてプランニングできるため、暮しやすい家を手に入れられることから滋賀県でも注文住宅が注目を集めています。建売住宅は完成済みなので、家の間取りや仕様に合わせて生活せねばなりませんが、注文住宅はその逆で、住む人に最適化して家を建てられることが選ばれる理由です。とくに家の生活動線を自分の家族に合わせられるのが大きな強みで、ちょっとしたことでも毎日の暮らしがグンと効率的になります。

耐震性に注目が集まる理由とは

住宅模型

実際に注文住宅を建てた人達が注視したポイントには耐震性もあり、その理由は震災が起きても倒壊しないマイホームを建てたいからにほかなりません。滋賀県のハウスメーカーでも耐震性に力を入れている会社が揃っていますから、地震発生後の生活を確保する家を建てられます。かつては耐震関連の装置を導入すれば200万円から300万円は必要でしたが、近年では100万円程度で採用できるケースが増えており、それも熱い視線を集める理由です。

広告募集中