HOME>トピックス>なぜこれほどまでに二世帯住宅が熱い視線を集めているのか

目次

実家を建て替えれば土地を買う必要がない

二世帯住宅を注文住宅で建てられるご家庭は神奈川県でも増えていますが、それは二世帯住宅ならではのメリットが数々あるからです。例えば、神奈川県で注文住宅を建築する際は先ず土地を買わねばならないところ、実家を二世帯住宅に建て替える場合、土地を購入する必要がありません。土地の購入代金は注文住宅の費用の中でもとくに大きな金額となるため、総費用を大幅にコストダウンできるのが利点です。さらに現在では相続税の仕組みが改正されたことで、二世帯住宅に有利な状況となっており、完全分離型でも土地の評価額を8割も減らせる特例を受けられます。相続税の大幅減につながることから、神奈川県でも節税対策として注文住宅の二世帯住宅が着目されているのです。

自由に設計できるから独立空間を確保可能

そして注文住宅なら、左右分離型や上下分離型など、親とは生活空間を完全に分断した家を建てられるのが強みです。つまり同居といってもそれぞれで別々に暮らしますから、お互いに距離を保て、プライバシーを守りながら神奈川県での暮らしを満喫できます。

分離型を語る上でこの魅力は外せない

さらに、注文住宅で完全分離型の二世帯住宅を建てますと、相続した後にも魅力的な恩恵をもたらしてくれます。このタイプの二世帯住宅は居住空間が独立しているため、空いた住まいを賃貸物件として他人に貸すこともできるのです。すなわち定年後も毎月家賃収入を得られる訳ですから、老後の生活にも大きな安心が生れます。これも、神奈川県の実家を注文住宅で二世帯住宅にするメリットとして外せないポイントです。

広告募集中